フリタメ【フリーランスのタメになるブログ】

書籍の解説をしながら、フリーランスの方に役立つ知識や考え方を発信しています。

筋トレで、大体の悩みは解消できる|超筋トレが最強のソリューションである

f:id:freetame:20211014210933p:plain

今回は、どんな不安も悩みも筋トレさえすれば簡単に吹き飛ばせるという理論が詰め込まれた一冊、「超筋トレが最強のソリューションである」ついて解説します。

本書は体重110キロの超肥満児だった著者が筋トレに出会い人生を変えた、今では筋トレ集団革命DIET GENIUSの社長を務めるTestosterone(テストステロン)さんが書かれた著書です。

テストステロンというのは、本書でもたびたび出てくるワードなんですが、骨や筋肉の強度維持する男性における重要なホルモンの名称です。

そのホルモン名称をそのまま名前に引用している、根っからの筋肉社長です。

その筋肉社長がなぜ筋トレが必要なのかを、理屈だけじゃなくクスっと笑える笑いとともに私たちの脳みそにインストールしてくれるというなら、もう読まない手はないですよね。

本書はですね、自分ではコントロールできないほどの悩みやストレス解消術みたいな、よくある自己啓発本とは一線を画す本です。

筋トレですべての悩みを解消し、なんなら人生変えちまおうと。

だって皆さん筋肉ムキムキの方とか見ると分かると思いますが、俺を見ろ、と言わんばかりに筋肉を表に出して自信満々ですよね。もし弱気な気持ちが1mmでもあったとしたら、堂々と見せつける事なんてできません。

だってあれですよね、いますぐ裸になってボーズ取れって言われたって恥ずかしいですよね。

そうなんです。筋トレってメンタルを強くするには最強のテクニックなんです。そして先に本書の結論だけ言ってしまうと、

結論、

  • 自信がなければ筋トレ
  • 仕事がデキる人になるには筋トレ
  • アンチエイジングには筋トレ
  • 長生きしたければ筋トレ
  • モテたかったら筋トレ
  • 死にたくなったら筋トレ

そうなんです。人が持つ悩みのほとんどは筋トレで解決できるんです。

それだけじゃなくて、もしかしたら筋トレが世界平和をもたらしてくれる、そんな可能性も秘めているというんです。

「いやいや、筋トレで悩みが解消できるとか世界平和だとかわけ分からん。」

となると思いますので、なぜ筋トレがこれほどまでに破壊力抜群なのか、人生を好転させてしまうのか。

私も最初は半信半疑で読み進めてみたものの、途中から興奮して読ませて頂きましたので、その熱が冷めないうちに前置きは短めにしてこの3つのテーマ、

  1. 自信がなければ筋トレ
  2. 仕事がデキる人になるには筋トレ
  3. 死にたくなったら筋トレ

に絞りまして、なぜ筋トレなのかということを早速解説していきたいと思います。
ではいきましょう!

自信がなければ筋トレ

f:id:freetame:20211014211133p:plain

ではまず一つ目、自信をつけるためになぜ筋トレがいいのかについて解説します。
自信がないっていうことは簡単に言えば、

  • 仕事がうまくいかないんじゃないか
  • チャレンジしても失敗するんじゃないか
  • お金に困らず安泰に生きて行けるのか
  • 病気にならないか
  • 異性にモテないんじゃないか

といった先々を不安視するネガティブな感情ですよね。

一説には、心配事の9割は実際には起こらないと言われていますから、もしこれが真実なら9割が単なる思い込みです。

とは言っても、実際に起きてしまう1割の心配事は的中するわけですから、不安な気持ちを持たずにはいられませんよね。

でも、その不安な気持ちを吹っ飛ばして自信を持てるようになる、それを叶えてくれちゃうのが筋トレなんです。

なぜかといいますと、筋トレをすれば肉体的なこと、つまりフィジカルが強くなります。筋肉隆々の状態ですね。

  • 中年太りした1パッドのお腹
  • 贅肉がまとわりついたウェスト
  • 二十あご

これが筋トレによってテストステロンが分泌され、

  • 6パッドの腹筋
  • 引き締まったウェスト
  • 凛々しい顔の輪郭

といったかっこいい容姿、つまり強いフィジカルに変化するんです。

フィジカルだけじゃありません。
今まで歯を食いしばっても上がらなかったベンチプレスが上がるようになると、これが目標をクリアする達成感や喜びになります。

こんな感じで、筋トレという新しい刺激を与えてフィジカルや達成感を得ることで、自分自身をポジティブに変えられる。

いままで全然ダメダメだった俺だけど、やればできるじゃん、みたいな自己評価が芽生えると自信につながるんです。

つまり、
筋肉が増えた分だけ自信が付いて、
贅肉が落ちた分だけネガティブ思考が減る。
ということです。

f:id:freetame:20211014211332p:plain

女性の場合はというと、女性はお尻の筋肉を鍛えましょう。たるんだお尻を上向きヒップ、ブリケツに変えていきましょう。

お尻を鍛えるということは脚や腹筋とかお尻周りの筋肉を必然的に鍛えるわけですから、足腰が引き締まってスキニーがするっと履けちゃうくらいスタイルがよくなります。

こうなれば完ぺきです。周りからうらやましがられるし自己評価も高まる。つまり、お尻が上を向いた角度に応じた自信が得られます。

仕事がデキる人になるには筋トレ

続いて2つ目。仕事がデキる人になるには筋トレ、ということについて解説します。

結論だけ先に言ってしまいますと、

  • 筋トレで筋肉が付くと相手になめられない
  • 体を鍛えることで健康的になる
  • 適度なエクササイズで記憶力、集中力が増す

つまり、筋トレがハードな仕事に耐えられる状態を作ってくれるから仕事がデキるということです。

なにせ、2021年10月4日に内閣総理大臣となった岸田文雄氏の趣味ってなんだかご存じですか。

囲碁と筋トレです。

f:id:freetame:20211014211207p:plain

菅義偉前首相は、筋トレはどうか分かりませんが、朝6時半にはビシッとスーツを着て首相官邸内で散歩を日課にしているんです。

日本のトップの方も、筋トレや何らかの運動をしているんだったら、もうやらない手は無いですよね。

ではまずなぜ仕事に筋トレが必要なのかというと、鋼の肉体を手に入れれば生物学的に周りから危険な動物とみなされます。

そうすると周りに威圧感を与えることができるから、まずなめられません。ゴリラとかゾウにケンカを売らないのと一緒の原理です。

もしなんかあっても、やれはしませんけど、筋肉任せに力づくで相手をねじ伏せちゃうことも可能だから、常に周りより優位に立てるので心に余裕が持てます。

また、筋肉質な体というのは暴飲暴食、睡眠不足、運動不足、喫煙といった不摂生な生活からは生まれません。生まれるのは不健康と贅肉です。

筋肉を付けるには健康的な生活を送る必要があるので、日ごろから節制をしながら食事、睡眠、運動に気を付ける自己管理能力が養われます。

そして、適度なエクササイズはストレス発散だけでなく、記憶力や集中力、頭脳明晰(ずのうめいせき)に関わりの深い科学物質の分泌を助けてくれます。

なんだかんだ仕事って体力と精神力が必要ですから、健康でなければ仕事に集中できません。

生活習慣病だとか、通院だとか、健康不安があったりすると思うように仕事に取り組めませんので、筋トレでテストステロンを分泌させて、健康的な体を手に入れる。

これこそが仕事がデキる人になる条件だということです。

特にフリーランスは保障のない世界ですから、体と心が資本。筋トレで心身を健全に維持していきましょう。

死にたくなったら筋トレ

f:id:freetame:20211014211233p:plain

最後3つ目。死にたくなったら筋トレについて解説します。

筋トレをすると骨や筋肉の強度維持に必要なホルモン物質のテストステロンが分泌されますが、その他にも

  • 心を落ち着かせる幸せホルモンのセロトニン
  • 多幸感や気分が高揚するドーパミン・βエンドルフィン・ノルアドレナリン

が分泌されます。

つまり、筋トレによって脳がハッピーになれる物質がどんどん生成されるんです。こうなれば勝利確定です。マイナスの感情が消え、脳全体がプラスの感情に転化していきます。

また、筋トレによる適度な疲れというのは良質な睡眠を誘導してくれますから、疲れた脳を休めることで暴走気味の脳を治めてくれます。

それでもマイナスの感情が消えなかったとしたら、もうこうしてください。1週間仕事を休んで、筋肉を鍛えること以外のことは一切考えず、朝から晩まで一心不乱にハードな筋トレに励みましょう。

思い切ってトレーニングジムに通うのもありです。周りに刺激されてテンションも上がります。

ここまでくれば筋肉のことで頭がいっぱいになって、死にたいという感情の入るスキがなくなります。

こんな感じで、筋トレで好循環を繰り返すことで脳が元気になり、気分も高揚して自尊心が高まり、逆に死にたいといった感情を殺してくれるようになるんです。

人は裏切るけど筋肉は裏切りません。鍛えた分だけ筋肉で返してくれます。筋肉は決して自分を裏切ることのない、唯一無二であり最強の味方なんです。

筋肉だけが友達だ、ということも全然ありです。

フリタメ的学び

ということで今回はTestosteroneの著書「超筋トレが最強のソリューションである」について解説しました。

まとめると、本書は自信を持つ、悩みを吹っ飛ばす、デキる人間になる、若くありたい、人間が持つなんだかんだの希望や悩みは全て筋トレで解決できるんだ、ということを教えてくれるおすすめの一冊です。

そして、もし日本人全ての人が教育の義務と同様に義務として筋トレしたとしたらどうでしょう。ボジティブな人しかいない国になり、国内総生産爆上がり。経済も心も世界一裕福な国になります。

日本だけじゃなく、世界の全ての人が筋トレに励んだらどうなるでしょう。国同士のいがみ合いや戦争なんかが起こらなくなり、きっと本当の世界平和が訪れるでしょう。

f:id:freetame:20211014211419p:plain

筋トレで男らしい身体、上向きヒップで女性らしい体形になったとしたら、男女が互いに魅力を感じることでて国がさんざん頭を悩ませてきた少子化問題なんかすぐに解消できるかもしれません。

筋トレというのは本当にこうしたポテンシャルを持っているんじゃないか。そんなふうに考えさせられました。

今回は幾度となく筋トレという言葉を書き、そして筋トレの効果についても書かせて頂きましたので、すでに筋トレの重要性が脳の筋肉に刻み込まれた事と思います。

ですので、ここまで読んで頂いた方は今すぐにこのブログを閉じて頂き、早速筋トレを始めましょう。

もし、筋トレはどうも自分に合わないという方がおられましたら、ウォーキングや軽めのジョギングでも全然OKです。

そして、筋トレを継続してどう自分自身が変わったか。その結果を教えて頂けたとしたらとても嬉しいです。

ということで今回は以上でございます!

アメとムチはもう古い!ほめて育てるコーチング|新 コーチングが人を活かす

f:id:freetame:20210919203520p:plain

今回は、2000年の発売以来累計20万部のベストセラー
「新 コーチングが人を活かす」
について解説します。

本書はですね、一言でいうと仕事を進めるうえで必要な人材をいかにして「人財」に変えていくか、そのためのマネージメント方法が書かれた1冊です。

フリーランスも会社員の方も、仕事をするうえで悩みが多いのはなんだかんだで人の問題です。

  • フリーランスであれば、協働者や外注業者
  • 会社員であれば、部下や上司
  • スポーツ選手なら監督やチームメイト
  • 学校なら先生と生徒
  • 家族なら親と子供

などなど、我々が仕事をするとか生きていく上で人とのつながりを持っている以上、人の悩みが消えることはありません。

人との摩擦が大きくて前に進めなかったり、人材をうまく活用できなかったり、足を引っ張られたり、思い通りにいかないものです。

逆に、互いに協調性があり、足りない所を補い合いながら、人とのつながりを上手に利用しながら進めたとすれば、誰もがうらやむ結果を得ることができるでしょう。

しかし、残念ながらそういった人間関係や意識の高い組織というのは、放置しておいて勝手に出来上がる事はありません。

発注者・上司・監督・親など、責任ある立場の人がマネージメントをしながら統率を取り、しんどいかもしれないけど互いに信頼関係を築きながら徐々に作り上げられるものです。

ですが、現実はどうでしょう。

  • 横柄でムカつく発注者
  • 話が通じないクソハゲ上司
  • 昭和スタイルのど根性パワハラ監督
  • 生徒になめられてしまう先生
  • ネグレクト

f:id:freetame:20210919203719p:plain

などなど、理想と現実には必ずギャップが存在します。

でもそれは、指導者が人を統率するスキル、つまりコーチングの方法を知らないだけなのかもしれません。あるいは、時代の流れを無視して、昔ながらのやり方を変えようとしていないのかもしれません。

昭和、平成、令和と3世代が入り混じっている多様性のある現代だからこそ、古い考えを捨て正しいコーチングを学び実践する必要があります。

  • 誰も付いてこない
  • 言っても理解してくれない
  • 人の活かし方が分からない
  • そもそも性格的に向いていないのか?

といった指導者のあるあるな悩みに対し、本書はその解消方法をまるっと教えてくれます。

おいおいマジかい。そんな根深い悩みを解決できるなら今すぐ教えてくれよ。

となると思いますので、早速テクニックの詳細を解説していきます。
ではいきましょう!

目次

コーチングとは

ではまず下準備の1つ目として、コーチングとは、ということについてお伝えします。

本書では、コーチングとは「未来を創り出す主体的な人材を創ること」だとされています。
ざっくり言えば、自分で考え行動できる人です。

例えば、みんなでキャンプをやるぞ!となった時、

  • キャンプの場所探し
  • キャンプに必要な物は何か
  • おすすめのメーカーはどこか
  • 安く買えるのはAmazonか楽天か
  • 当日の天気はどうか
  • キャンプじゃなく今流行のグランピングでもいいんじゃないか

f:id:freetame:20210919203746p:plain

みたいなことを、誰からも指示されずにググったりYuTubeで調べたりして自分で動ける人です。

「んー、キャンプって用意が面倒だから皆さんにお任せ、おれは食べるだけ。」

みたいに、集団行動を乱すような、1mmも動くつもりのない受動的な考えはコーチングの世界では完全NGです。真っ先にシバかれます。

そして2つ目。コーチングとは、

「問いを2人の間に置き、一緒に探索し、その中で相手の発見を促すもの」

とされています。

コーチングというと、教える側が上、教えられる側が下、という上下関係のもと相手が納得する形で教える行為、と思われがちですがそうではないと。

目的地に向かう方法を一緒に考えながら、且つ相手に発見してもらう、という感じです。

例えば、本気で甲子園を目指そうとなった時、

  • 誰がキャプテンにふさわしいのか
  • エースは誰か
  • 打順はどうするか
  • ライバルに勝つための戦法
  • ミスを減らす練習
  • なぜ負けたのか

f:id:freetame:20210919203818p:plain

など、監督が全てを指示したり教えたりするんじゃなくて、それら一つ一つを先ずは個々の選手で考え、次に選手間で腹を割ってとことん話し合い、最後に監督に相談しながら答えを導き出す、といった感じです。

  • ミスした選手を責め
  • センスがないと暴言を吐き
  • 気に入った選手だけ起用する

そんな監督は指導者ではなく、一国の独裁者に過ぎません。こうした残念な指導者になるんじゃなくて、人を育てるという超重要なミッションを達成できる人になる。そのために、我々は時代に合ったコーチングを学ばなければなりません。

今回は指導的立場にある人のよくある悩み、

  1. そりが合わない相手がいる
  2. 相手に仕事や判断を任せられない
  3. 相手を伸ばすほめ方が分からない

の3つにフォーカスしまして、その解消法を解説していきたいと思います。
では、さらに行きましょう!

そりの合わない相手とうまくやるテクニック

会社、チーム、学校など人が集まる所には必ず人間関係の問題が発生します。主な理由は、性格が合わない、意思疎通が思うようにいかない、考え方が違う、などですよね。

でも、これは珍しい事ではありません。というか普通です。

例えば学生時代、クラスに30人いても全員と気が合うことなんてありません。本当に気の合う人って1人、多くて2人。ゼロということも珍しくないです。

育った環境、教育、考え方は全員違いますから、合致する方が奇跡なんです。

ただ、学生は互いに利益を得ようとするわけではないので気が合わなくてもなんとかなりますが、仕事はそういきません。

仕事を回したり、新規の仕事を取ったりするために、そりの合わない人とでもうまくやって行く必要があります。

そのためのテクニックとして本書で語られているのが、

  1. 相手のタイプを見極める
  2. 相手の上や下に立とうとしない
  3. お互いの違いを愛する

という3つのテクニックです。

相手のタイプを見極める

というのは、下記のどれに該当するのかを指導者が理解するということです。

  • コントローラー・タイプ・・・指示したいタイプ
  • プロモーター・タイプ・・・創造的タイプ
  • アナライザー・タイプ・・・計画・実行するタイプ
  • サポーター・タイプ・・・応援するタイプ

例えば、コントローラー・タイプというのは率先して指示は出すけれど、逆に指示されても言うことは聞かないぜ、というジャイアンタイプです。

このタイプの人に指示を出すと、ギッタギタにしてやる!とか言われてボコられるわけです 笑

つまり人によってタイプが違うので、あの人はこのタイプだな、という位置づけをしてからコーチングに入ります。

相手の上や下に立とうとしない

というのは分かりやすく言えば素の状態で接しましょうということです。

例えば、監督が選手に対して横柄な態度を取る事があるけれど、そうじゃないんだと。

あいつより上だとか下だとか余計な感情を持つと心に波が立ってしまい、関係がぎくしゃくしてうまくいかないんだと。

そうならないために、コーチングをする側は背伸びせず、損得勘定も無くし、フラットな感情で接しましょうということです。

お互いの違いを愛する

というのは意見や思考の違いを顕在化させ、互いにそれを受け入れて、新たな発見をしていきましょうということです。

例えば、会議の場で10人中1人だけ正反対の意見を言ったとしても、それをつぶすんじゃないと。

逆に、
たしかにそういった意見もあるよねー
みたいな感じで異論を愛するんです

愛とか言うとちょっと違うかもですけど、要はみんながその異論を受け入れて、違った切り口から新たな発見を促せるように向かわせましょう、ということです。

以上がそりの合わない相手とうまくやるテクニックです。

総じて、コーチングをする側は絶対に個性や意見をつぶしてはいけません。そりの違いを尊重し、認め合う環境や組織を作ることでより良い方向へ向かわせる、それがコーチングだということです。

相手に仕事や判断を任せられるようになるテクニック

相手に仕事を依頼した時、こちらが望んだ結果が来ればいいですが、そうじゃない時は思わずイラっとすることもありますよね。

それが積み重なると、仕事や判断を任せられなくなるから、細かく指示を出してその通りにやってくれればOK、という風になります。

対象がパートさんとか学生アルバイトの方、つまり時間給で働いてもらってるならそれでもいいんです。

しかし、フリーランス同士でプロジェクトを推進するとか、会社で部下を育成させなきゃいけないとか、そういった時は仕事や判断を任せられるようになるためのコーチングが必要になります。

そのテクニックとして本書では、

  1. きっと解決策を見つける 、と相手を信頼する
  2. 失敗する権利を与える

の2つが書かれています。

f:id:freetame:20210919203924p:plain

きっと見つける と相手を信頼する

まずはじめに、きっと見つける と相手を信頼する
についてです。

一般的にコーチングというのは、相手がどうすればいいか分からずに困っているとき、相手がなるほど!と感動するようなアイデアを提案する、そういった感じかもしれません。

しかし、本書で提唱されているのは、

「問いを2人の間に置き、一緒に探索し、その中で相手の発見を促すもの」

とされていますので、逆に簡単に答えを与えてはいけないということになります。

例えば、コーチする側が「どうすればいい?」という質問を投げかけて、たとえ相手が黙ってしまっても答えを差し出してはいけません。待ちましょう。

助け舟を出したい気持ちをグッとこらえ、口出しせずに”沈黙を聞く”こと。

そうすると、時間を費やしてでも問いを投げかけられた相手は必死に案をひねり出してきます。

最初は的外れな案が出てきたとしても、そのうち最適解を導き出してくれると信じて待つ、ということです。

失敗する権利を与える

続いて、失敗する権利を与える
についてです。

例えば、のび太はドラえもんから拝借した道具を欲望のままに使い、最後は必ず自分が痛い目を見ます。

懲りることなく毎回同じ思いをするわけですが、普通なら失敗を学び成功へと変えていきますよね。

コーチングする側は、その成功までのプロセスをじっと見守りましょう、成功するまで失敗できるチャンスを相手に与えてあげましょう、ということです。

仮に、失敗したらクビだとか仕事を二度と渡さないとか言われたら、普通にイヤですよね。はぁ?とかなりませんか。多分、その人には誰も付いていきません。

だから最初から、ある程度は失敗するもんだ、という前提でコーチングする必要があるんです。

コーチングの観点からすれば、ドラえもんはのび太に失敗する権利を与えすぎですけど、まあそんな感じです。

相手をうまくほめるテクニック

最後3つ目。相手をほめるテクニックについて解説します。

コーチングにおいて、ほめるという行為はめちゃくちゃ大事です。もしかしたら、コーチングの中で一番重要であり、やらなきゃいけない事なんじゃないかと思っています。

理由の一つとして、その昔アメリカの心理学者であるマズローが唱えた「欲求5段階説」というのがありまして、詳細はググっていただくとして、人間が成長するために必要な基本的欲求とされています。

  1. 生理的欲求
  2. 安全の欲求
  3. 社会的欲求と愛の欲求
  4. 承認の欲求
  5. 自己実現の欲求

ほめるという行為はまさに「承認の欲求」のど真ん中に当たるわけです。

人は常に誰かに認められたいという欲求があって、
例えば、インスタとかでリア充を演出してフォローワを増やす、というのも承認欲求を満たすためです。

そこで思ったのは、
じゃあ、”すごい!”とか”上手だ!”とか、とにかくほめ言葉を並べればいいんだな、
なんて思いましたが、考えが単純すぎました。

確かにこれでもほめられた方は嬉しいですが、
「いやー、そんなことないっすよ。たまたまです。」
とか言って謙遜してしまいます。

これでは相手がほめ言葉をダイレクトに受け取ってくれないから、効果が薄くなります。

では、どうすればいいか?

ほめ言葉の後に、”自分がどう思ったか”を付け加えます。
例えば、

「君の書いた絵はすごくうまいね。見ているこっちの心が和むよ。

みたいな感じです。

f:id:freetame:20210919203955p:plain

自分の感情を付け加えると、相手に受け入れられたという承認欲求がグッと高まります。

言葉を足すだけですから、今すぐにでもできます。
以上が、相手をうまくほめるテクニックです。

フリタメ的学び

いうことで、今回は鈴木義幸さんの著書「新 コーチングが人を活かす」について解説しました。

まとめると、本書は指導的立場の方が周りの人を上手にコーチングするノウハウがぎっしり詰め込まれたおすすめの一冊です。

人を成長させ、人材を人財に変えるためには、
結論、

  1. 相手のタイプを見極めて、お互いの違いを愛しましょう
  2. 相手に失敗する権利を与え、きっと答えを導き出せると信じ続けましょう
  3. ほめ言葉のあとに自分の感情を付け加えて、承認欲求を満たしてあげましょう

そんなお話をさせて頂きました。

そして最後にフリタメ的学びとして、よく昔から言われている「アメとムチ」について触れさせて頂きたいと思います。

f:id:freetame:20210919204223p:plain

アメとムチというのは、アメである報酬を与えるかたわら、失敗したらムチでしばく、つまり罰を与えるというスパルタ要素を含んだ指導方法の一つです。

実は本書にはアメとムチが必要だ的な事は一切書かれていません。どちらかというと、ムチは完全否定に近いです。

そこで思うのは、

  • 承認欲求だけ満たせば人は育つのか?
  • ほめてばかりだと、図に乗るんじゃないか?
  • 叱るという行為は本当に不要なのか?

という疑問ではないでしょうか。

ではここで、一旦コーチングの原点に返ってみます。
冒頭にもある通りコーチングとは、

  1. 未来を創り出す主体的な人材を創ること
  2. 問いを2人の間に置き、一緒に探索し、その中で相手の発見を促すもの

です。

では、叱るという行為をしたらどうなるか。

  • 叱る方は感情的になる
  • 叱られた方は失敗を恐れてチャレンジしなくなる

⇒その結果、主体的な人が育たない

簡単に言うとこういう結果になり、コーチングが求めているものとは真逆になってしまいます。

もちろん人によっては、叱られた方が燃えるぜ!みたいなド根性タイプもいるでしょう。

でも、その人が将来コーチングの立場になったらどうでしょう?

自分がこの方法でやってきたんだから、同じように気合と根性で指導してやるぜ!みたいになる可能性大です。

指導される側は必ずしもド根性タイプではありません。というか少数ですので、指導方法が合わずに挫折する人や間違った方向に進んでしまったり、

「未来を創り出す主体的な人材を創る」

というミッションを達成できません。それだけじゃなく最悪の場合、指導側がパワハラで訴えられます。

一方でこんなケースもあるでしょう。

叱ったのは、相手が怠慢な態度だったからだと。叱ることでハッと目を覚めさせ、二度としないように緊張感を与えたんだと、そんな話もあるかもしれません。

まあこの状態で叱ることについて完全否定はできませんが、一つ致命的なミスをしているかもしれません。

それは、
なぜ相手は怠慢になっていたのか?
ということがスルーされてしまうことです。

訳あって一時的に目標を見失っていたかもしれませんし、やる気はあるけど、解決方法が分からず手が付けられなかったのかもしれない。

あるいは、家族や友達関係で問題があり、集中できなかったのかもしれない。

こうした何らかの根本的な原因が潜んでいる可能性があるんです。

相手がやる気なさそうな時、叱るよりも先に指導者がやることはコーチングの前提事項である、

「問いを2人の間に置き、一緒に探索し、その中で相手の発見を促す」

ということです。

  • 目標を失った原因
  • 手が付けられなかった原因
  • 私的な原因

など、まずは問題を解決するためのコーチングをしましょう。それさえできれば怠慢が解消される可能性大です。

こうして考えると、ケースバイケースで叱るということが100%悪いとも言いにくいけど、叱ることのメリットとデメリットを足し引きすると総じてデメリットなんじゃないかなーって思います。

なんだかんだ、人って叱られたくはないですし、ほめられて気分上々で仕事した方が意欲的になるしいい結果に結び付きます。

もし向かっている方向が間違ってたら、

「いや、君、そっちの方向じゃないよ。よーく考えてみて。」

ってゆう感じで、指導者が軌道修正のヒントを与えてあげればOK。やる気をなくすこともありません。

実際問題、普段から人をほめてなかったとしたら、コーチングを教わったからといって、いきなりほめるのってちょっと難しいですよね。

昨日まで、

「おい田中、そーじゃねーだろ。こうやれ!」

みたいに威圧的だった人が翌朝には、

「いや~田中君、君の判断はいつも適確だね。とても助かるよ、ありがとう。」

とか言われたら、普通にキモイですよね 笑

f:id:freetame:20210919204101p:plain

ですから、もしコーチングで悩んでいる方がおられましたら本書を参考にしつつ、今からでも相手をほめる事を始めましょう。

そして、気味悪がられない範囲で、互いの距離を縮めながら信頼関係を築いていって頂ければと思います。

今回は以上でございます!

偉人達の習慣をまねれば、成功に近づける|1日ごとに差が開く 天才たちのライフハック 許成準(ホ・ソンジュン)

 f:id:freetame:20210906205851p:plain

今回は許成準(ホ・ソンジュン)さんが書かれた
「1日ごとに差が開く 天才たちのライフハック」
について解説します。

生まれ持った知能、財産、地位など、この世は残酷なほどにあらかじめ人生が確約されている場合があります。

  • 両親が超一流大卒で子も一流大学
  • 医者の子は医者
  • 政治家の子も政治家
  • 大富豪の世襲
  • イケメンの子もイケメン

などなど、”天は二物を与えず” と教えられたはずの二物を既に持った人たちがいて、そういった方々が影響力を持ち続ける、そんな世の中でもあります。

一方で、

  • 両親の学歴は普通だけど子は一流大学
  • サラリーマンの子がカリスマ的起業家
  • 貧しい家庭に育った子が巨万の富を得る

といった、人生の逆転劇や下克上ともいえる成功者が現れるのも事実です。

ではなぜこうした人たちが出てくるのか?

本書によりますと、大人の知能能力の60%は先天的なもの、40%は後天的なものだと伝えています。

まあ、財産や地位的な先天性はほぼ100%ですが、知能能力の先天性は100%ではないということです。

もし、それが100%だったらどうでしょう。生まれた時点で人生が決定しているということになります。

しかし、そこはさすが神様です。そんなエグイことはしません。本人の頑張りとかやり方次第で逆転できる後天的要素を40%残してくれています。

つまり、その40%を活かせば今から二物を得る可能性もあるということです。

おいおいマジかい。そんな方法あるんだったら早く教えてくれ。
と気になったあなたのために、早速結論をお伝えします。

結論、
圧倒的な成功を生んだ人の習慣を完コピしてください。

完コピは言い過ぎかもですけど 笑、後天的な要素を左右するのは「習慣」が有力とされているので、そのまねをします。

世界的ベストセラーのスティーブン・R.コヴィー著「7つの習慣」でも、成功する人の特長は「考える”習慣”」にあると主張しています。

習慣を変えれば行動が変わり、心も変わり、そして結果が変わります。

分かった分かった。じゃあ具体的にどんな習慣に励めばいいのよ。
となると思いますので、ここから詳細に解説させて頂きます。

本書では、この世で成功を収めた人の習慣を88例紹介してくれています。

成功者の習慣と言っても、一日たった1時間の睡眠で働き続ける、そんなごく限られた人でしか再現できないハードな習慣ではありません。

本書の表紙に「小さな習慣」と書かれている通り、誰でもできるとか、頑張ればギリできるかなーみたいな習慣です。

題目のライフハックとは、毎日の小さな行動で人生に大きな変化をもたらすテクニックのことです。それを愚直に実行すれば、向かうはずだった人生のコンパスを意の方向に変えられるかもしれません。

だからと言って、別に今から歴史に名を刻む、そんな偉大な能力を身に付ける必要なんてないです。

自分の目標を達成するとか、徳を積んだ人間になるとか、本質的なゴールを目指すことで全然OKですので、そういった意味での成功を収めるためにもぜひ最後まで見て行ってください。

ではいきましょう!

目次

最初に下準備として

ではまず下準備として、本書で紹介されている目的別ライフハック5つのジャンルについてご紹介します。

  1. 集中力を強化する
  2. アイデアが湧いてくる
  3. 仕事の生産性を上げる
  4. ストレスに打ち勝つ
  5. 学び、自らを高める

この中から、あなたがぜひ身に付けたいという目的に合わせて習慣をチョイスするでも良いですし、88例つまり88人の偉人たちの習慣の中から、最も尊敬する人の習慣をまねるでもOKです。

さすがに全部は紹介できませんので詳細は本書をお買い求めいただくとして、

  • この習慣はぜひ試したい!
  • この人はこんな驚きの習慣を持っていたのか!
  • 同じことはできないけど、真似するとしたらこんな風かなー

といった視点で、偉人達の中からギュギュっと3人に絞り習慣を解説させて頂きます。

習慣をまねるのはいいけど、本当に効果があるの?
と考える方もいると思いますが、そこはご安心ください。本書にはその習慣の意味、業績への影響、科学的根拠が解説されています。

効果を疑いながらまねをしても結果は期待できませんので、理由を理解した上でまねるということも重要なポイントです。

では、さらに行きましょう!

孫正義氏の習慣

まず1人目。
「アイデアが湧いてくるライフハック」のカテゴリーから、孫正義氏の「毎日5分ひとつのアイデアを考える」について解説します。

孫さんは言わずと知れたソフトバンクグループの創業者。19歳の時にアメリカ留学して、食事・睡眠以外の時間は勉強するほどの努力を重ねました。

しかし、父の病気で月20万円の留学資金が途絶えるかもしれないという状況に。
そこで、孫さんは本気で考えました。

「1日5分だけ働いてひと月に100万円以上稼ぐ方法はないものか?」と。

今ならネットを利用して何らかの形でドカンと稼げる可能性もありますが、終身雇用・時間労働・額に汗してなんぼ、という価値観が当たり前の時代に、全く違うぶっ飛んだ発想ができてしまう、そこはさすが孫さんです。

周りからバカにされても考えを変えることなく、1日5分100万円を達成するために突き進みます。

そこで自らに課したのは、

  • 1日ひとつ発明する
  • 考える時間は5分に限る
  • 5分考えてもアイデアが出なければその日はあきらめる

という習慣でした。

f:id:freetame:20210906210931p:plain

この5分というリミットと、アイデアが出なければその日はあきらめる、という強弱のある習慣が長く続けるキモかなーと思います。

そして開発したのが、後の電子辞書のベースとなった音声付き自動翻訳機です。孫さんはこれをシャープに売ったのですが、その額なんと1億6千万円。45年前のことですから、今の額だとどれくらいですかね。

こうして、考える習慣を続けることで100万円どころじゃない大金を手にしたわけです。

ちなみに現在の翻訳機は、AI機能搭載・翻訳スピード1秒・100言語対応、とかです。もちろんスマホのアプリもあります。すごい進化ですよね。

元FBI長官の習慣

そして2人目。
「ストレスに打ち勝つライフハック」のカテゴリーから、
ジョン・エドガー・フーヴァー氏の「情報を身を護る盾とする」について解説します。

この人をご存じじゃない方もいると思いますが、FBIの初代長官です。

この人の凄さっていうのはFBIの長官になっただけじゃなく、FBIが創設されてから死ぬまで48年間その座に君臨したっていうことです。

ちょっと違うかもですが、日本でいえば任期2年の警察庁長官を48年間ずっとやってるみたいな感じでしょうか。わけ分かりませんよね 笑

そんだけ権力を持ち続けたらほとんどの人は汚職起こすから、絶対に引きずり出されます。

じゃあなぜ、奇跡的に長期に渡ってFBI長官に君臨し続けられたのか?
それを実現させた習慣は何なのか?

答え、
自分の権限を利用して、政治家たちの汚点を収集する習慣を持っていたからです。

f:id:freetame:20210906211543p:plain

フーヴァー氏はこの習慣が徹底していて、時には政治家の自宅のごみ箱も漁って調べつくしたり、違法に盗聴を仕掛けスキャンダルの証拠をつかんでいったりしたそうです。
FBI長官が違法な盗聴するってのもかなりエグイですよね。

そして、退任を促す政治家が現れたら、ここぞとばかりにスキャンダルを取り出して退任を回避していたわけです。

このおっさんガチでヤバい人なんじゃないかと思いきや、一方で今となっては当たり前となっている科学捜査を積極的に導入したという大きな功績もあったりで、在任期間が長く保てたのかもしれません。

しかし、フーヴァー氏と同じく弱みを握って地位や収入を安定させる習慣というのをフリーランスの方がまねるとすると、発注してくれている人の弱みを握って仕事を取るみたいになるので、これはかなり微妙かもです。

この考え方を自分たちに活かすとすれば、
そうですね、
例えば、発注してくれている方の仕事の一部を完全に自分の物にして、自分がいなければこの仕事が回んないぜ、みたいなレベルまで持っていけば必ず発注してもらえますよね。

つまり、発注者のプライベートな弱みを握るんじゃなくて仕事を握る、つまり仕事の弱点を見つけて徹底的に補ってあげる、ってゆう考えを身に付ける習慣です。

そうすれば、仕事も収入も安定して不安定な状態から抜け出せるし、発注側も弱点補強できるから喜ぶんじゃないかなって思います。

歴史的偉人の習慣

最後3人目。
「学び、自らを高めるライフハック」のカテゴリーから、

  • ビル・ゲイツ
  • ブルース・リー
  • ナポレオン・ボナパルト

について解説します。

3人目と言っておきながら3人同時に紹介させて頂きますので、そこはご了承ください 笑

  • ビル・ゲイツは、マイクロソフトをはじめとした実業家であり現在は慈善事業家
  • ブルー・スリーは、1970年代にハリウッド映画「燃えよドラゴン」などで活躍した武術家・俳優・映画監督
  • ナポレオン・ボナパルトは、1700年代後半のフランス革命期の軍人・皇帝・革命家

おいおい、時代も実績も違う3人をまとめてどう解説するの?
と思われたかもしれませんが、3人には共通点した習慣があります。

結論、
読書です。

f:id:freetame:20210906212220p:plain

ビル・ゲイツはいくら忙しくても読書は欠かさず、休みは読書のために取るというほどの読書家。得意のプログラミングだけじゃなく、読書により文科系、経営戦略、トレンドにも精通していたから、パソコンのOS市場を席捲できたのです。

ブルー・スリーは、大学の哲学科卒ということで哲学者的側面もあります。武術の実践だけでなく読書を通して、

  • 相手を早く制圧できる方法
  • 殴られても被害を最小限にする鍛錬
  • 武術に応用できるトレーニング方法
  • 栄養摂取はなにがいいのか

といった理論の研究もしていたようなんです。

ナポレオンは、戦に1000冊以上の本を携え、現代の起業家の多くが今なおバイブルとしている紀元前の中国で書かれた戦略書「孫子の兵法」を読んでいたとされます。

読書で得た知識を使い卓越した戦略・戦術で戦争に勝利し、イギリス・オスマンなどを除いたヨーロッパのほとんどを支配。

それだけじゃなく、所有権の絶対性、契約の自由、過失責任主義(被害の発生で損害賠償責任を負うのは、故意過失の場合だけ)など、現代の民法の基盤となったナポレオン法典を生み出しました。

お恥ずかしい話、
歴史に名を刻む結果を残した人は、なんだかんだ頭がいいから出来たんでしょ。みたいに思っていましたがすみません、完全に早とちりでした。

能力に磨きをかけるべく読書で多くの知識や価値観を得て、それらを自分の中に溜め込む。そして、思い切って行動に起こしてみる。そういった泥臭い側面も持ち合わせているのです。

つまり、読書を習慣にすることで、自分が認識する世界とは全く違った知識を得て視野を広げる。そして大胆にアウトプットしてビジネスに活かす、という話です。

ここまで読んで頂いている方は意識の高い方だと思いますので、読書の大切さというのはものすごくご理解頂けるんじゃないかと思います。

フリタメ的学び

ということで、今回は許成準さんの著書、
「1日ごとに差が開く 天才たちのライフハック」
について解説しました。

まとめると、本書は成功者、実力者、歴史的偉人の方々が好んでやっていた知られざる習慣と、その意味が詰め込まれたおすすめの一冊です。

習慣の中にも目的や効果に何通りかあって、

  • 意思決定に力を注ぐため、それ以外は無頓着にする習慣
  • ストレスを溜めないために、毎日決まった動作をする習慣
  • ビジネスで生き残るための、日々学び続ける習慣

などです。

偉業を成し遂げてきその裏には、それを知れば誰もがうなずける習慣、逆に一般人には全く理解できない習慣などが存在していたということです。

でも、習慣っていうのは偉人だけじゃなくて、なんだかんだで自分たちにもありますよね。

それをやらないと違和感があるとか、気分が乗らないとか、そいうった事です。

私フリタメは、10年前から始めた習慣として、朝5時に起きて犬と散歩をしています。というか犬に散歩させられているんですが、朝一で軽い運動と外の空気を吸うと一日の始まりにスイッチが入る感覚があります。

そして、夜も散歩です 笑 歩きながら頭の中で一日を整理します。歩くことでストレスが軽減したり適度に疲れたりもするので、すんなり眠りに入れる効果もあります。

昔は散歩なんてしなかったんですが、効果を実感してから完全に習慣化しました。

もし、仕事や私生活で自分が納得いかない結果しか出ていないとしたら、思い切って習慣を変えたり、新しい習慣を取り入れてみるのがいいかもです。実際やってみると、違った考え、違った発見があるはずです。

あまり意識しすぎて継続が難しい習慣を始めても逆効果なので、先ずは達成が簡単な習慣、
例えばそうですね、

  • 寝る前にヨガとか5分間瞑想してみる
  • 1日1回必ずガッツポーズしてみる
  • 発想が出ない時は猫の肉球を触ってみる

とかでしょうか。

f:id:freetame:20210906212245p:plain

なにかしら習慣を変えてみると、集中力が増したり良いアイデアが思いつくようになるとか、意外な効果を発見するかもしれません。

それでも効果が出ないという方は、偉人たちの習慣をそのまま取り入れてみましょう。そこから自分に合ったオリジナル性を発見して行けば全然OKです。

という感じで今回は締めさせて頂きたいと思います。
以上でございます!

コミュ障でも、営業できる|トークいらずの営業術 メンタリストDaiGo

f:id:freetame:20210824211957p:plain

今回はメンタリストDaiGoさんの著書、
「トークいらずの営業術」
につてい解説します。

本書は人の心理を自由に操るDaiGoさんが、自身の営業経験を通じて心理的要素も含みながら営業の本質に迫る、そんな一冊となっております。

我々は、仕事を取るために少なからず営業をかけます。

対面、電話、メール、紙広告、Web広告、YouTubeなどなど営業の方法は多岐に渡りますが、共通して言えることはどの場合も商品を購入するか否かの判断は「人」です。人工知能でもなければペッパー君でもありません。

たとえWebを通じた営業であっても、その向こう側にいるのはやはり人です。
「人に商品を購入してもらう」
という、言葉は単純でありながら結果を出すのが難しい、それが営業だったりします。

特に、私のようにコミュ障・人見知り・口下手という3拍子の方は、

  • 営業成績が上がらずに悩んだり
  • 人間関係にわずらわしさを感じたり
  • 時にはもう働きたくない

といった絶賛しんどい状況です、みたいな土俵際に追い詰められることもあるでしょう。

そんな苦難のたびに思い浮かぶことといえば、
「うまく営業トークができればなー...」
ということではないでしょうか?

いつもニコニコして、誰からも好かれ、イケメンの人たらし、
軽快な営業トークで次々と商品を売っていく、

そんな誰からも羨ましがられる人を横目に、自分もあんな人になりたい、どうやったらなれるんだ、とハンカチをくわえながら悔しがることもあったはずです。

f:id:freetame:20210824212030p:plain

しかし、著者であり人の心を知り尽くしたDaiGoさんはそんな願望をバッサリと切り捨てます。

そもそも営業トークなんて必要ないと。

駆け出しの頃は人を雇う余裕もなく、DaiGoさん自ら営業をしていたご自身の体験と、メンタリズムな科学的根拠をもとにそう断言してくれています。

おいおいマジかい。それなら早く教えてくれよ。
と前のめりになると思いますし、散々苦しめられた営業の悩みと今日でおさらばするためにも、ぜひ最後まで見ていってください!

目次

2つの前提事項

ではまず下準備として、2つの前提についてお伝えさせて下さい。

まず1つ目。
営業力=トーク力ではない ということです。

f:id:freetame:20210824212148p:plain

例えば、家電量販店の店員の軽快なトークに乗せられて、買いたくもない家電を購入したことってありますか?ということです。普通は無いですよね。

100歩譲って、うっかり店員の営業トークに乗せられて、買いたくもない家電を購入してしまったとしたらどうでしょう?必ず後悔しますし、二度とその店に行きません。

他にも、

  • 付き合いで仕方なく購入した
  • 営業の人が頭を下げまくるから仕方なく購入した
  • 営業がセクシーな女性だったから下心で購入した

といケースも同様です。購入したのは営業トークではなく、他の要因だということです。

「いやいや、営業トークに乗せられて買いたくもない商品買っちゃったことあるんだよねー」
という方もいるかもしれません。

それはおそらく、あなたの悩みや身の上話とか、親身によく聞いてくれた人ではないでしょうか。

別に欲しくもないものを、
まあ買ってもいいかなー
と思うのは、話を親身に聞いてくれた、そのお礼に商品を購入しなきゃ悪いかな・・・という返報性の気落ちが働いたからです。

つまり、商品を購入するということはすでに何かしらの興味を持っていたからであり、少なからずそれが欲しいと思ったから購入するのです。

基本的に、決して巧みな営業トークで購入することはないということです。

 

そして2つ目。

営業という仕事はただ「買いたい人」を見分けるだけということです。

欲しいと思っている人を見抜くことが仕事であり、買おうと思ってない人を説得して無理やり買わせる行為ではありません。

例えば、車を買いたいと思っている人は、

  • 社会人になった
  • 以前の購入から10年経った
  • 乗ってる車が廃車になった

など、何らかの要因で車を必要としている人です。

一方、車を買おうと思わない人は、

  • 昨日、新車を買ったばかりだ
  • 今の車を手放したくない
  • そもそも購入資金が無い

などです。

ざっくり言えば、どちら側の人なのかを見極めるのが営業の仕事、ということを押えておいてください。

f:id:freetame:20210824212314p:plain

営業トークいらずのための5ステップとは?

さて、ここからはいよいよ本題の営業トークに頼らず契約を取り、商品が売れようになるためのノウハウについて解説していきます。

それは何かと言いますと、
結論、
これらの5ステップです。

  1. 観察力・・・周囲をよく見る
  2. 判断力・・・どうするべきかを決める
  3. 行動力・・・すべきことを行動に移す力
  4. 説得力・・・相手の決断を後押しする力
  5. 忍耐力・・・我慢する力

「いや、だからさーこれだけのスキルがないから困ってんのよ。」
となると思いますが、ご安心ください。

そこはさすがのDaiGo先生です。5つの能力を手に入れる複数のテクニックを惜しげもなく披露してくれています。

今回はその中から、

  • 今すぐできるテクニック
  • 頑張ればギリ実践できるんじゃないかなー的なテクニック

の2つに絞って解説させて頂きます。

そして何より、私と同じコミュ障の営業難民の方だけでなく、

  • 逆に、しゃべりすぎて口が滑りやすくて失敗しがち
  • 頑張ってるけど営業成績が上がらず、そろそろ島流しされそうだ

という方も含めまして、トークいらずの営業テクニックをぜひ見ていってください。

観察力

ではまず最初のステップ、観察力からお伝えします。

そもそも何を観察するのかというと、

  • この人は買う気があるのか
  • そうでないのか

ということです。

前提事項の通り、買いたい人を見極めるのが営業ですから、欲しいと思ってる人かどうかを観察力を持って最初に見極めます。

先ほどの車とは別に例を出すとしたら、そうですね、
カバンの販売をしているとして、来店した人がカバンを買おうとしているのか、あるいは見に来ただけなのかを見極める、みたいなことです。

f:id:freetame:20210824212412p:plain

効果的に商品を売るためには、買う見込みのある人に声をかける。
逆に、単にお店に来ただけの人には声をかけない、そういった対応が必要です。

じゃあどうやって見極めるのかというと、
出張用のカバンを本気で買いに来た方なら、入店後一直線に出張用カバンが並んでいる所に向かいます。

逆に、そうでない人は買う目的が無いので店内をウロウロします。

周囲を見渡しながらこうした行動を見分けるということが観察力です。来店したお客さんの行動を見るだけですから、これならすぐに実践できると思いませんか?

そして、購買意欲がありそうな人にそれとなく声をかけて、相手の表情から購買意欲を読み取ります。

その時に注意するのが目です。

  • 視線が横にそれたら見込み無し
  • 縦に動いていたら見込みアリ

そんな風に見極めていくといった感じです。

以上が観察力を強化する具体的なテクニックです。

判断力

続いて2つ目。判断力を養う方法についてです。

普段の生活であまり気にしませんが、日々の生活は判断と決断の連続です。
朝起きる、歯を磨く、電車の乗る・・・
気が乗ろうがそうでなかろうが、自分の行動は決断や判断の連続で生きています。
営業も判断力が必要です。

「どうしようか」と悩むと時間と労力を使ってしまいますし、そこを付け込まれて不利な条件をつきつけられる可能性があります。

交渉における迷いは弱みにしかなりませんので、スパッと決断する必要があります。

例えば、3,500円の商品の値下げ交渉をされたとき、3,200円までならOK、それを下回ったら絶対に売らない、的な話です。

そのためには、交渉から降りる基準を事前に決めておく、交渉中止ラインを決めておくということです。

f:id:freetame:20210824212455p:plain

あとはその基準に基づいた判断だけをすればOKですから、迷うこともありませんし労力もかかりません。

同様に、

  • 買う気がある人なのか、そうでないのかという判断
  • ダラダラと営業をかけ続けないという判断
  • 営業で何を優先して伝えるのかの判断

など、想定するシチュエーション別にあらかじめ基準を決めておきましょう。そうすれば判断に迷いませんし、気持ち的にも楽になり仕事の効率もアップします。

行動力

続いて3つ目。行動力についてです。

例えば、営業成績を上げるためにする方法としては、単純に1回でも多く営業に行くことですよね。打席に多く立ってバットを振り回せば当たる確率も上がります。

でも、そうとは分かっていても断られたら嫌な思いをするし、おっくうに感じて行動力が落ちるのが普通です。

そこで、DaiGoさんが推奨する行動力を高めるテクニックの一つに、パワーポージングというのがあります。

パワーポージングってゆうのは一言でいえば、偉そうな態度を取るということです。

例えば、

  • 行儀は悪いですけど腕組みして机の上に足を乗っけると
  • 金メダル取った時のような派手なガッツポーズをする

みたいなことです。

f:id:freetame:20210824212551p:plain

偉そうな態度を取ると、

  • 自信が出る
  • ストレスを感じなくなる
  • 積極性が増す
  • おじけづかない

といった効果があるらしいです。

実際やってみてあまり効果を感じなかったとしたらパワーポージング不足です。周りに人がいない所で恥ずかしさを捨てて、自信満々になるまでそのフリをしてみましょう。

気分が晴れて、その結果行動力がアップするはずです。誰でも今すぐできるので、ぜひ実践してみて下さい。

気を付けなきゃいけないのは、偉そうな態度というのはあくまでもポージングの事であって、誰かに威張り散らすことではありません。営業どころか普通に嫌われます。

説得力

続いて4つ目。説得力についてです。

本書には3つの小技で説得力をアップさせる方法が語られていますが、その中でも一番簡単なバックトラッキングについて解説します。

バックトラッキングって何かといいますと、相手の話を繰り返すということです。簡単に言えばオウム返しですね。バックトラッキングをしたらその後に質問を投げかけ、会話を継続させるというテクニックです。

例えば、こんな感じです。

お客さん「いやー恥ずかしい話、先日電車でおしっこ漏らしちゃったんだよねー」
営業「えー、漏らしちゃったんですか。その後はどう対処されたんですか?」
みたいな感じです。

f:id:freetame:20210824212620p:plain

まあ、おしっこ漏らしちゃったっていう話はされないかもですけど 笑 お客さんの言ったことを繰り返して言葉にする、つまりバックトラッキングをしてその後に質問を投げかけます。

これを繰り返すと会話が続き、相手の情報を引き出すことができます。そうするとお客さんは、

  • 自分の話を興味津々で聞いてくれた
  • 自分のことを受け入れてもらった
  • 自分の気持ちを共感してもらえた

というつながり意識を持つようになります。

そして、話しを聞いてもらったお礼として今度はこちらの話も聞いてもらえる。その結果、さっきまでNO一辺倒だったけど、次第にOKに変わっていく可能性が広がります

つまり、説得力を上げるためにはトークではなく、その逆で聞くことです。

忍耐力

最後5つ目、忍耐力についてです。

営業をしていると、

  • 商談相手の反応が悪い
  • 理不尽な事を言われる
  • 時には人格を否定される

なんてこともありますよね。

そこでブち切れたりしてしまうと商談終了ですから、営業には忍耐力が必要です。

普通は「歯を食いしばってひたすらこらえる=忍耐力」と思っちゃいますが、DaiGoさんが言うにはこれは忍耐力ではないと。本当の忍耐力というのは、無理を感じずに自然と耐えられてしまう力だと。

例えば、1リットルの器にストレス1リットルを入れると、もう余裕がありません。

でも、そのストレスを瞬時にはき出して空にしておけば、またストレス1リットルを受け入れることができます。

つまり、ストレスを受けてもすぐにはき出すこと。そうすればストレスを受け続けても耐えられます。

じゃあ、なにをすれば簡単にストレス排出できるのよ?
となりますが、
DaiGoさんのおすすめは読書、散歩、瞑想、趣味などです。

これは心が安定するとされるセロトニンが分泌され、ストレス解消に効果的です。逆に、ドーパミンが分泌されるギャンブル、噂話や悪口などは興奮気味になり、ストレス解消にはならないとのことです。

f:id:freetame:20210824212738p:plain

それでも、
「どうしてもストレス溜まっちゃうんだよねー」
という方は、ストレスに対する考え方を変えましょう。

ストレスってゆうのはそれ自体が有害なのではなく、「ストレスは体に悪い」と思うことが有害らしいので、

ストレスは自分を成長させるものだ。体に悪くない!

と思い込むことでストレスを良いものに転換できたりします。

まあこうやってストレスの要因にうまく対処していくこと、これこそが本当の忍耐力なのです。

フリタメ的学び

ということで、今回はメンタリストDaiGoさんの著書「トークいらずの営業術」について解説しました。

まとめると、
2つの前提

  • 営業力=トーク力ではない
  • 営業という仕事は「買いたい人」を見分けるだけ

そして、5つのステップ

  1. 観察力
  2. 判断力
  3. 行動力
  4. 説得力
  5. 忍耐力

の5つを磨いていきましょう。そんなお話をさせて頂きました。

最後に、実は営業という仕事で一番重要なのはコレなんじゃないか?ということが書かれておりますのでご紹介します。

それは、
売れた後にホッとした態度を見せない
ということです。

例えば、3000万円のマンションを人生かけて35年ローンで購入したとして、今までニコニコと真摯に対応してくれた営業の方が契約書にサインしたとたん、

いやー、ひと仕事終わったー

みたいな感じで急にリラックスし始めたら、普通にイラっとしますよね。だから、売った後も態度を変えてはいけないんです。

さらに、商品が高額になるほど購入には必ず迷いが出ます。
そのため買った後に、
本当に買ってよかったのか?探せばもっといい商品かあったのかもしれない。
といった疑念も出てきます。

分かりやすく言えば、ちょっと不謹慎かもですが結婚した後に、
この人と結婚してよかったのか?他にもっといい人と出会えたんじゃないのか?
みたいなことです 笑

ここで営業がすべきことは、

  • この商品は人気が高くて、今では品薄なんですよ
  • みなさん満足されていて、喜びの声を頂いています

など、満足度が高まる言葉をかけることです。買って正解でしたよ、とフォローすることで安心感を与えますし、顧客満足度も上がります。

f:id:freetame:20210824212818p:plain

本書には、
真のクロージングは売れた後にある
と書かれているんですが、売るのも大事だけど、売った後はもっと大事ということです。

まあ、とりあえず購入してくれたお客さんに声をかけるという意味で、
「商品を気に入って頂けましたか?」
程度でも全然OKです。

さて、

フリーランスは自分で営業し、制作、納品、徴収まで一人仕事になるケースが多いですよね。

特に営業は仕事を取る第一歩でありながら、コミュ障の私もそうなんですが、営業って億劫だし仕事が取れないと気持ちも上がらないから、できればやりたくないです。

著者であるDaiGo先生であっても、自分で営業していた駆け出しのころは、否定的な言葉や罵詈雑言(ばりぞうごん)も浴びせられたこともありましたと。

でも、そのつらい時期があり営業を通して自分を鍛えられたからこそ今の自分があるんだと。

まあ最近は、自身のYouTubeチャンネルで、
「ホームレスの命はどうでもいい、生活保護の人たちに食わせる金があるんだったら、猫を救ってほしい」
といった生活保護差別発言で罵詈雑言を受けることになってしまっていますが。

その辛さを痛いほど理解しているDaiGo先生だからこそ本書で力強く伝えていることは、

  • 営業を通して身に着けることができる力を最大限活用すれば様々な可能性が開けてくる
  • 営業それ自体よりも、営業を通して得られる経験や知識に大きな価値がある

ということです。

仮に、どんなに頑張っても営業がうまくいかなかったとしても、その経験が自分の肥やしとなり、別の形で発揮される。

そう思って、 いや、 そう信じて、

ド派手なパワーポーズをしながら自信を持って前に進んでいきましょう!

ということで今回は以上でございます!

ガッカリした理由を聴く|クレーム対応の技と心得 安藤栄一

f:id:freetame:20210828142602p:plain

今回は、電機メーカーの電気回路の技術者でありながら突然コールセンターを任され、15年間で1万件以上のクレーム対応に関わった経験を持つ安藤栄一さんが書かれた著書
「クレーム対応の技と心得」
について解説します。

本書はですね一言でいえば、日々のクレーム対応でめちゃくちゃ困っている方や、そこそこ心身がズタボロだ、という方がクレーム対応の心得を学べる超有益な一冊なんでございます。

というのも、クレーム対応に関しては素人同然だったにもかかわらず、技術者魂を発揮して分析を重ね、そこから生み出されたクレーム対応のど真ん中の知識が惜しげもなく書かれています。

本書に詰め込まれているノウハウを実践すれば、
結論、
クレームの正体を理解して、正しいく向き合うテクニックが分かります。

逆に、本書に書かれている内容を知らなければ、これからも辛抱しながらひたすらお詫びする日々が続いてしまうことでしょう。

そんなしんどい状況に置かれている方には1秒でも早く脱出してもらわなければなりませんので、本書の重要な部分にフォーカスして、クレーム対応の正しい方法を3ステップとしてお伝えさせて頂きます。

後ほど詳細に解説しますが、これらの3ステップでございます。

  1. クレームの正体を知る
  2. お客様の話を聴く
  3. 解決策を提案して交渉する

クレームというラスボスを恐れるのは今日が最後です。クレームの恐怖に向き合う正しい方法と心得についてじっくりお伝えさせて頂きます。

では、肝心の本編に参りますが、その前に下準備として大事な2つの前提部分についてお話しさせてください。

まず一つ目は「苦情」と「クレーム」の区別でして、本書ではこのように定義されています。

  • 苦情 ⇒正当な要求
  • クレーム⇒不当な要求

例えば商品を送ったら、
「電源を押しても全然動かねーじゃねーか、新しい物よこせ!」
という初期不良に関する声であれば正当な要求、つまり苦情です。たとえキツイ言い方をされたとしてもクレームではありません、苦情です。

一方、保証期間が切れた後になって、
「電源を押しても全然動かねーじゃねーか、新しい物よこせ!」
ということであれば不当な要求、つまりこれこそがクレームなのです。

そして二つ目、

  • 苦情は必要
  • クレームは不要

ということです。

例えばですね、
・新品なのに初期不良でスイッチ入れても1mmも動かないとか、
・軽くて使いやすいですよーとか宣伝しときながら実は重くて使い勝手がめちゃくちゃ悪いとか、
まあ極端な例ですがそうした苦情が寄せられたとします。

でもこの苦情のおかげで、
・スイッチ周りの構造が悪かった
・もっと軽量化が必要だ
・使い勝手の調査はたった3人じゃ少なすぎたな
とか、甘かった部分に気付き商品の改良点が分かるわけですから、なんだかんだで苦情は必要だということです。

一方、「製品も使い勝手も何も問題はないけれど、俺は何となく気に入らねーんだ」とか、意味不明の意見はクレームですから、そんな対応に時間を取られている場合ではありません。

せっかくお金を出して買ってくれたのでぶっきらぼうに電話を切るのもなんですから、一通り話を聴いてから相手に理解を促したら、ある程度の所でバッサリ切りましょう。
くれぐれも長々とお付き合いしてはいけません。

そして二つ目、クレーム対応に魔法はないというお話です。

この決めセリフを言えば相手の怒りが一瞬で収まるとか、クレームがゼロになるとか、そういった魔法はありません。

もし、そのたぐいの教えがあるとしたら、ハッキリ言いますがそれはウソです。幻想です。

なぜなら、人間の感情、特に怒りはこちらの思い通りにコントロールできないからです。コントロールしようとすれば、間違いなく逆ギレ炎上です。

ですので、クレーム対応に必要なのは、なぜクレームが発生するのか?その正体を知ったうえで対応する、ということを押えといてください。

「なーんだ。クレームの対応方法って結局ガチかよ。裏ワザとかねーのかよ。」
と思われるかもしれませんが、ありません。

でも、ご安心ください。

クレーム対応ってゆうのは、間違ったやり方をしてしまうからしんどい状況に追い込まれるのです。

今回解説する3ステップを踏めば少なからずそこから脱出することができますので、ぜひ最後まで見ていってください。

ではきましょう!

クレームの正体を知る

f:id:freetame:20210808122202p:plain

ファーストステップとして、クレームとは何なのか?その正体を知っておく必要があります。

では、なぜ苦情やクレームがなぜ発生するのかというと、
結論、
期待が裏切られた時です。

購入した商品が自分の期待を下回った時、その落胆や怒りが感情となって苦情やクレームとなって現れます。

例えば我々には、

  • 中国製⇒安い、壊れても仕方ない
  • 日本製⇒高い、壊れたらけしからん

という意識があります。

激安で買った中国製が壊れても、やっぱそんなもんかアハハ、くらいにしか思いません。

しかし、日本製となると話は別です。
日本製は壊れないし、壊れてもしっかりとした修理対応をしてくれる、という高めの期待値がありますから、多少高価でも購入します。

その分、期待外れなことがあるとイラっとして、期待値を下回った⇒苦情やクレームにつながります。

じゃあ、苦情とクレームの違いは何?となりますが、先ほどの説明の通り、要求してきた内容が正当であれば苦情、そうでなければクレームです。

例えば、中国製であろうが日本製であろうが、保証期間内の故障なら苦情。もし、めちゃくちゃブちギレれたとしても、その内容が正当な要求である限り、それは苦情です。

一方、クレームは?というと、保証期間を過ぎてるにも関わらず、
「無料で修理しろ、新品送れ」
といったことです。これは明らかな不当要求ですからクレームです。対応するだけムダ、つまりクソです。

本書に依りますと、日本製の場合は多少保証期間が過ぎても何とかしてくれるだろうという期待があったりするのでやっかいなのですが、それは関係なくて、保証期間が切れた後の要求は全てクレームですと。

少なからず保証期間は商品の期待を裏切ってはいませんし、購入した方は保証期間がある事を承知で購入したわけですから、下手に出る必要はない、毅然とした心構えを持ちましょうということです。

まあ、そうは言っても保証期間1年に対しで10年目で壊れました、とかならいいですが、1年と1日目で壊れたら毅然とした態度は取れませんよね。

これについては3ステップ目「解決策を提案して交渉する」の中で対応方法を解説したいと思います。

お客様の話を聴く

f:id:freetame:20210808122229p:plain

続いて2つ目、お客様の話を聴くというステップです。

先ほど解説した通り、苦情というのは期待値を下回った、つまり、
”こんな商品を買ってしまった”
というガッカリ感に対するものですから、まずはその内容を聴きます。注意点は、真剣に聴くということです。

ガミガミうるせーな、とか思っちゃうと話を聴いてても上の空になりますので、とりあえず状況確認という感覚で聴き、内容をメモしておきます。

なぜメモをするかというと、聞き取った情報を分析して事実を明確にするためです。
と言いますのも、こちらに非がある場合もありますが、お客様が
「あー、ごめんごめん、勘違いしてた。私がおっちょこちょいでした。」
ってゆうの可能性もありますよね。

真実を語っているのではなく、真実だと勘違いして語っているのかもしれません。

他にも、どちらが正しいとかではないんですが、こちらの常識とお客様の常識にズレがある場合もあります。

最初からうざいクレーマーと決めつけてしまうと話を聴けなくなるので、どっちの立場ではなく客観的にとらえるということがキモです。

例えば、
送った商品が最初から壊れていて、電話を取ったとたんにいきなり大声でブちギレられたとします。我慢しつつも話をよく聴くと、買った商品はプレゼントでしたと。

この状況からして、恋人または子供に誕生日プレゼント贈ることになっていた、でも、箱を開けたら壊れていた。ということですから、まあブちギレて当然ですよねと。

この場合取り違えてはいけないのは、
ブちギレている=クレーム ではありません。
最初から壊れていた=苦情 として対処するのが正解です。

つまり、こうしてお客様の話をよく聴いて分析してみると、今までクレームだと思っていたけど、実は苦情だったということなのです。

話しを聴かずに門前払いをしたり、臭い物には蓋の対処は禁物です。さらに激高されて、手痛いしっぺ返しを食らうことになるでしょう。

電話を受け取ったら、お客様の感情を受け止めつつ、苦情とクレームを仕分けるために客観的に傾聴するようにしましょう。

解決策を提案して交渉する

f:id:freetame:20210808124334p:plain

最後に三つ目、解決策を提案して交渉するというステップです。もはやここではクレームを聴くだけでなく、怒りを鎮火させる対応をしていきます。

例えば、商品に初期不良があり、もう100%こちらが悪いです、言い訳もできませんという状態で、
「今日中に商品持ってこい!」
と怒鳴られ続けていたとします。

でも、どうやっても明日着が最短の場合、今日中という要求には対応できません。お客様からすれば苦情かもしれませんが、こちらからすれば半分クレームみたいな状態です。

そこでまずやるべきことは、誠心誠意全力で対応しても明日着が最短なんです、ということを詳しく説明し続けます。

まあそれでも簡単に納得されないでしょうから、お値段そのままでワンランク上のグレードの商品に変えるとか、次回の割引券を付けるとか、最善の提案をしつつ何かしらの妥協点を見つけて解決を図りましょうと。

やはり、怒りを納めるためには何かしらのアドバンテージを付けたお詫びが得策です。

先ほどお伝えしました、保証期間1年に対し壊れたのが1年と1日目だから無料対応しろ、というクレームについても同様です。

たった1日遅れの故障で、もし自分が「保証期間外だから修理費用は全額請求します」とか言われたら普通に嫌ですよね。次回から商品を購入しないかもしれません。

ですから、全額請求じゃなくて2割引きとかにして誠意を見せるとか、そういった義理人情的な部分の対応が必要なんじゃないかなと思います。

また、本書ではお詫びの程度問題については、大げさなお詫びはお勧めしない、ということが書かれています。

著者の経験として、あるとき料理店で1時間待たされましたと。そのお詫びとして食べきれないほどのデカ盛り料理をサービスされましたと。

実際問題、そんな食べきれないほどの料理を出されても困りますよね。次にそのお店に行きにくくもなります。

ですからこうした場合は、ちょっとしたお詫び程度の小鉢を出すとか、そのくらいがちょうどいいわけです。

こういった感じで、全力で解決策を提案しつつも、大げさなお詫びは避ける。そして、お客様が納得してくれる妥協点に落とし込む、そういった交渉をしていきます。

もし逆に、過剰すぎるほどのお詫び大歓迎、いくらでも受け付けます、みたいなモンスター級の要求をしてくるお客様だったとしたら、最大限の対応をしたうえで、もうこれ以上は前例がないこと、取り決めがないことを伝えてキッパリ断るようにしましょう。

フリタメ的学び

ということで、今回は安藤栄一さんの著書「クレーム対応の技と心得」について解説しました。

  1. クレームの正体を知る
  2. お客様の話を聴く
  3. 解決策を提案して交渉する

前提として、クレーム対応に魔法はありませんと。

対応としては、
まず最初に苦情とクレームを仕分けして、商品改良のヒントになる苦情にはしっかり対応しましょう。

でも、理不尽なクレームに対してはキッパリ断るか、解決案を提案して妥協点に落とし込みましょう、そんなお話をさせて頂きました。

要は、苦情とクレームを1つの箱にごちゃまぜにするんじゃなくて、棚に整理する。そしてクレームじゃなくて苦情に対してのみ注力していきましょう、そんな風にとらえて頂ければと思います。

まあでも、クレーム対応ってなんだかんだイヤですよね。色々言われるし、真正面から向き合っていると心が折れることもあります。

特にフリーランスは商品の製作、販売、営業、顧客対応など、人気歌舞伎俳優並みに一人何役もこなさないといけません。

時間が無かったり疲れてるときなんて、クレーム言われたらめちゃくちゃイラっとしますしね。だからといって、適当に対応するわけにもいきません。

そこで、これは本書にも書かれてるんですが、クレーム対応ってなんだかんだストレス貯まりますから、リフレッシュ方法を知っておくことが大事ですと。

溜まったストレスをうまく吐き出す、もはやこれもクレーム対応の一角なんじゃないかなーと思います。

ソロキャンすればリセットできますとか、
おねーちゃんと酒飲んでおけばとりあえず大丈夫だ、
みたいにストレスを溜めない方法を持っていればとりあえずOKです。

f:id:freetame:20210808125104p:plain

一方で、これといって趣味もないしやることもない。基本的に疲れているから家で寝ているだけだ、という方もいますよね。

まあ睡眠も立派なリフレッシュ方法ではありますが、運動不足になると肥満や生活習慣病の原因にもなりますから、体が資本のフリーランスには命取りです。

そこで、ストレスを吐き出す、リフレッシュする方法としてフリタメ的に一つおすすめしたいと思います。

それは、ウォーキングです。

f:id:freetame:20210808130909p:plain

なーんだ、ただの散歩かよ…
と思うかもしれませんが、ウォーキングの効果については以下の内容が科学的に証明されていると言われています。

  • 血液が循環してがリフレッシュできる
  • の記憶力と思考力が改善する
  • の神経の発達につながる
  • 適度な疲労感が良質な睡眠につながる
  • 疲労物質が溜まりにくい

これを見て気づくと思いますが、ウォーキングは脳にいい影響をもたらしてくれるのです。

足動かしてなんで脳に好影響なの?と思うかもしれませんが、ウォーキングなどの軽い運動で「第2の心臓」と呼ばれるふくらはぎがの筋肉が収縮され、ポンプの役割をすることで血液循環が良くなる、その効果が脳のリフレッシュにつながっていますと。

これを知ってか知らずか分かりませんが、実は歩きながら考える社長も多いらしくて、あのApple創業者のスティーブ・ジョブズ氏もあえて歩きながら電話会議していたそうです。

私もこうしたウォーキングの効果を知るまでは疲れるし面倒だなとか思ってましたが、実際に半年ほど継続してみると完全な早とちりだったことに気付きました。これが良いリフレッシュになりますし、ストレスも間違いなく減りました。

とにかく、悩んだら歩きましょう。アイデアは歩きながら考えましょう。それでも悩みが消えなかったりアイデアが出なかったら・・・・・また歩きましょう

あと、これは本書には書かれていないんですが、苦情やクレームを真正面から受け続けるって精神的にキツイですよね。

これを緩和する方法としてフリタメ的には、第三者的な気持ちで対応するってゆう方法がいいかなーって思います。

この手法は一般的に知られている事でもあるんですが、第三者的というのは、例えるなら幽体離脱して斜め上から自分を眺めてるイメージですね。

f:id:freetame:20210808132041p:plain

真摯に対応しつつも、苦情クレームを受け止めてるもう一人の自分を眺めてる、みたいな感じです。

こうすることでクレームを客観的にとらえられるようになり、真正面からストレスを受けるのとは変わってきますので、ストレスの量が減ります。

イメトレが必要なので出来るようになるまで少々時間はかかりますが、クレーム対応で絶賛しんどい最中ですという方はぜひ試してみて下さい!

今回は以上でございます。

ストーリーで伝えて、疑似体験させろ|アマゾンで学んだ!伝え方はストーリーが9割 小西みさを

f:id:freetame:20210906204517p:plain

今回はソフトバンクからアマゾンに転身し、広報として2003年から2016年までの13年間勤務されていた小西みさをさんの著書
「アマゾンで学んだ!伝え方はストーリーが9割」
について解説させて頂きます。

本書はですね、商品サービスの売上がなかなか上がらず、

  • いい商品なのになぜ売れないんだ!
  • 一度使ってもらえれば分かるのに!

みたいな感じで、毎日イライラしながら地団駄踏んでいる方を救ってくれる、超有益な一冊なんでございます。

本書の知識や方法を吸収しておけば、結論、今よりも売り上げが上がります。

逆に、本書に書かれている方法を知らなかったり実践しなければ、これからも地団駄を踏み続けてしまうことでしょう。

今回は本書が伝えたい部分、重要な部分にギュッと絞り、商品サービスのPRに必要な3ステップについてお伝えさせて頂きます。

その3ステップとは後ほど詳細を解説しますが、

  1. すべての戦略を顧客視点で考え抜く
  2. メインターゲットを決める
  3. 自分ごととしてとらえてもらう

この3つでございます。

では、肝心の本編に入りますが、その前にめちゃくちゃ大事な前提部分についてお話させてください。

まずお伝えしたいのはですね、そもそも提供する商品サービスがお客様のためになっているかどうか?というお話です。

当たり前のことを承知でお伝えしますが、これを使えば楽しめるとか、このサービスなら喜んでもらえるとか、ほんのわずかでもそういった可能性があることが前提です。

もし、その要素がかけらもない激弱スペックだとしたら、この本の内容を3万回実践しても、どんなに人気の女優さんを使ってPRしてもしんどい結果になるでしょう。

ただ、普通であればわずかでも売れる可能性を秘めた商品サービスだと思いますので、売れる確信がなかったとしても、

  • もしかしたら売れるんじゃないか
  • いや、おれはどーしても売りてーんだ

とかであれば本書は必ず参考になります。

逆に、本書を実践してみて、無人島にいるのか?と思うほど無反応だったとしたら、すみません一旦あきらめてください。改良してから再出発するか、次の商品サービスを生み出しましょう。

とはいえ、実践することで行くか戻るかの判断材料にもなりますので、ぜひ読み進めて頂ければと思います。

ではいきましょう!

目次

すべての戦略を顧客視点で考え抜く

まずファーストステップ、すべての戦略を顧客視点で考え抜くについてです。

これ要は、提供する商品サービスが本当にお客さんの為ですか?ということです。もし自己満とかだったら一旦考え直して、改めて顧客視点に立って考えましょうと。

Amazon創業者といえばジェフ・ベゾス氏ですが、2021年7月にアマゾンのCEOから退く前からブルーオリジンという航空宇宙企業を設立しています。そして、2021年7月20日にベゾス氏を含む搭乗者4人で約10分間の世界初の民間宇宙旅行を実現させたことは大きなニュースにもなりました。

そんなベゾス氏は顧客視点が半端なく徹底していて、お客様が決めるんだ!という意味のカスタマーズ ルールという標語をよく使っていたそうなんです。

良かれと思って自分たちが勝手に決めるんじゃなくて、お客様が決める方向に従って商品サービスを進めていきましょうと。

だってあれですよね、アマゾンは品揃えは豊富ですし、安いし、すぐ届くという3拍子が揃っています。商品選びに困ったら口コミ評価を見ればいいし、他の商品もありますよ!みたいに類似品を表示してくれたり、比較までしてくれます。

口コミ評価のコメントは出店側が操作しちゃってるんじゃないか?って思う場面もありますけど、写真付きで詳しくレビューしてくれる方々の評価は参考になっているはずです。

こんな風に、Amazonは我々にとって嬉しいサービス提供をしてくれておりますので、お客様のために利便性を追い求めているのが伝わってきますよね。

その他にも、我々が見る機会はありませんが、アマゾンの会議では必ず空席が1つあるというんですね。

空席は架空のお客様、つまりエアー・カスタマーの席になっているんだと。

f:id:freetame:20210723200448p:plain

お客様がいるとして会議が行われ、

  • 協議している内容はお客様のためなのか?
  • それはお客様に喜んでもらえることなのか?

ということを常に意識するために行っている儀式なんです。

会議をしているアマゾンの社員は、たとえ会議室の中だったとしても常に顧客を意識した言動が求められます。

そして、協議した内容がアマゾンの自己利益になることであっても、お客様に不利益が生じることなら問答無用でバッサリと切り捨てられます。

でもこれって自分たちでもすぐに応用できるんじゃないかなーって思います。

商品サービスを考えているとき、視界に一つ椅子を置きます。時には、これどう思う?とか言ってエアー・カスタマーに話しかけてみてもいいと思うんですよ。

1人で働いている方だと独り言みたいで逆に寂しくなっちゃうかもしれませんが、顧客を意識するっていう意味では有効ですし、お金もかからないからすぐに実践出来ます。

空席を置くとか置かないとかやり方は人それぞれでいいんですが、ジェフ・ベゾス氏のごとくストイックなほどに顧客を意識するいうことをぜひ覚えといてください。

メインターゲットを決める

f:id:freetame:20210723200632p:plain

続いて2つ目、メインターゲットを決めるというステップです。

さっきのファーストステップで、もうすでに顧客を意識することの重要性は理解頂けたかと思います。

ただ中には、商品サービスを誰に提供すれば喜ばれるのか?っていう根本がなんだかハッキリしていない、モヤモヤしていることってあると思うんです。

つまり、会議室に顧客の空席を用意したのはいいけど、じゃあそこに誰が座ってるの?が明確になっていないということです。

良く分かんないけど、スタイルのいい若い女の子が座ってればその人に向けたアイデアがバンバン出ます!っていうのであればそれでもいいんですけど、

提供しようとしている顧客ってどういう人なの?

ということを明確にして、その人が座っているようなイメージが必要なんです。つまり、ペルソナですね。

ペルソナとは、ターゲットを具体的にイメージして、架空でもいいのである人物を設定するという手法です。

例を出しますと、そうですね、フリーランス向けの失業保険サービスみたいなのがあるとした場合、そのサービスを利用してくれそうなフリーランス像をイメージします。

37歳、映像制作、フリー転身まだ2年目、年収480万円だけど仕事があったりなかったりで収入は不安定、妻35歳、子供3歳と0歳、都内在住、住宅ローン残高3723万円・・・

みたいな感じです。

普通に”フリーランス向け失業保険”にしてしまうとターゲットが広すぎて何をどう訴求していいのか分からなくなりますから、顧客を可能な限り具体的にイメージするというのががキモです。

仕事、年収、年齢、既婚独身、家庭状況などを詳細にペルソナして、個々に合った失業保険サービスプランを提供するように計画しましょうと。

そうすることで、ターゲットが喜んでくれそうな失業保険サービスはどういった内容にすればいいのか?契約してもらえるのか?ということが明確にできます。

以上がメインターゲットを決める、つまり誰をエアー・カスタマーとして座って頂くか、ということになります。

自分ごととしてとらえてもらう

最後に3つ目、自分ごととしてとらえてもらうというステップです。

ファーストステップの顧客視点であること、セカンドステップのメインターゲットを具体的にイメージできたら、最後はその商品サービスが自分に必要だと思ってもらう、つまり自分ごととしてとらえてもらう施策が必要です。

といっても難しく考える必要はなく、本書のサビとなるストーリー仕立てで商品サービスを伝えるだけでOKです。

例えば、AmazonではKindleをこうしてPRしました。

  • PRのテーマ:リゾート旅行のお供にKindle
  • メインターゲット:旅先で本を読みたい、けど荷物になるのは嫌。という女性。

・・・先ほど、メインターゲットは具体的に設定しましょう、とか言っておきながらざっくりした感じになっちゃってますが、ここでは女性全体に向けた訴求なので、このざっくり感はご了承ください。

次にこれをストーリー仕立てにしていきます。

  1. ある女性がリゾート地に一人で出かけ
  2. 旅先でKindleをバッグに入れてホテルを出て
  3. 海辺のおされなカフェのテーブルに座り
  4. Kindleでお気に入りの小説を読んで気分上々
  5. 翌朝はホテルのバルコニーでコーヒー飲みながら読書してリラックス

この流れで各シーンを作り、具体的にKindleを使う状況をイメージできるようにしていきます。

f:id:freetame:20210723201226p:plain

どうでしょうか、ストーリー形式で伝えられるとこんな感じで自然とイメージできちゃうんじゃないでしょうか。

頼まれてもいなのに、主人公を自分に置き換えちゃったり、Kindle買って旅行してる自分を想像したりしませんでしょうか?

もしそんなイメージがこれっぽっちも思い浮かばなかったとしたら、すみません それは私の文章力が無いだけです 笑

別に旅行じゃなくても、移動中の電車で読めるとか、待ち時間に読めるとか、男女問わず日常で使うイメージにもつなげることができます。

これこそがストーリー仕立てにすることで自分ごととしてとらえてもらう、言い換えれば疑似体験してもらうという方法です。

Kindleの容量は何ギガとか、重さは何十グラムとか、大きさは何センチとか、そういったスペックは別にどうでもいいんです。

まあどうでもいいこともないんですけど、それを伝えるよりも先に実際に使っているイメージを顧客の右脳に植え付けることが大事なんです。

その為には、ストーリーを作ると伝わりやすいし、とても効果的なんですよ、ということです。

フリタメ的学び

はい、ということで今回は小西みさをさんの著書「アマゾンで学んだ!伝え方はストーリーが9割」について解説させて頂きました。

1つ目、すべての戦略を顧客視点で考え抜き、
2つ目、メインターゲットを決め、エアー・カスタマーの席に座って頂き、
3つ目、商品サービスをストーリーで伝え、自分ごととしてとらえてもらいましょうと。

そうすることで、実際にその商品サービスを使っている自分をイメージしてもらい購入につなげましょう、そんなお話をさせて頂きました。

考えてみれば商品を売りたいって時、どうしても売る側目線になってしまいますよね。その気持ちが強ければ強いほど、まさに押し売り状態となります。

逆の立場で考えたら自分は売り込まれたらイヤなのに、売る側になった途端に売り込もうとする、そんなうざいセールスマンになってしまうんです。僕は完全にそうです笑

そうじゃなくて、これを使うと快適ですよ、楽しいですよ、みたいな感じを分かりやすくストーリーで伝えて、それを見た方に疑似体験してもらう。簡単に言えば、物を売るんじゃなくて体験を売るということが大切なんですね。

極論を言っちゃうと、なんだかんだ言って人って物が欲しいわけじゃないんですよ。快適とか、幸福とか、優越感とか、そういった体験が欲しいんです。

例えば、大きな家に住みたいなーと思っても、それは快適さとか幸福感を味わいたのであって、大きな家というのはその希望とか欲望みたいなのを満たしてくれる、その手段に過ぎないんです。

だって、大きな家を買ったところで、その家のせいで快適さや幸福感が逃げてしまったとしたらどうでしょうか。その家を手放しますよね。

f:id:freetame:20210723201547p:plain

だから、物を売るんじゃなくて、
体験を売りましょう、その方法としてストーリーで伝えましょう
という考えが正しいんです。

もし、よく分かんないけど

  • 全然売れねーな
  • 商品が悪いのかなー
  • 今月も赤だなー

という、絶賛しんどい最中ですという方がおられましたら、ストーリーで伝えるということをぜひ実践してみてください。

商品を使うことで得られる体験がどんなものか、それが顧客に届けば、今までとは違う反応が確実に得られるはずです。

それでも売れなかったとしたら、メインターゲットとストーリーをあれこれ変えて試行錯誤してみる。

それでもだめなら、勇気を振り絞って商品を一旦リセットし、空席をかたわらに置いて、改めて今回解説した3ステップを実践していきましょう!

ということをお伝えして、今回は締めさせて頂きたいと思います。

ビジネスは実験、実験こそ財産|実験思考 世の中、すべては実験 光本勇介

f:id:freetame:20210906204658p:plain

今回は、売りたい物の写真を撮影して送るだけで一瞬にして現金化できてしまう画期的なサービスCASH.jpを生んだ光本勇介さんが書かれた著書
「実験思考 世の中、すべては実験」
について解説します。

CASH.jpをご存じない方もいらっしゃると思うので触れておきますと、売りたい商品の写真を送るだけで自分の口座にチャリンと現金が入る仕組みの即金型アプリです。

例えば、メルカリとかであれば、

  1. 売りたい商品の値段を決める
  2. 写真をアップロード
  3. 買いたい人を待ち、商談する
  4. 商品発送
  5. 入金

みたいな流れですが、これに対しCASH.jpは、

  1. 写真を撮る
  2. 入金
  3. 商品発送

という、入金までのフローがとてつもなく短いことが最大の特徴で、直ぐに現金が欲しいという方には人気のアプリなんです。

詳しくはこちら 

cash.jp

さて本書はですね、一言でいえばビジネス、特に新規のビジネスをリリースする時に襲ってくる不安から解放してくれる、ビジネスマンには必要不可欠な一冊となっております。

その著者である光本さんについて説明しますと、父親の仕事の都合で10歳から18歳までデンマークとイギリスに住んでおりました。

日本人学校でなく現地の学校に通い、日本には夏休みに帰国する程度。帰国しても日本には友達もいませんから遊ぶ相手もいません。

”暇をもてあそぶくらいなら金を儲けよう”

ということで、高校生でありながらビジネスをして月150万円の利益をたたき出してしまうというツワモノです。

ではどんなビジネスだったかというと、原宿へ通いブランドTシャツを購入し、それを倍の値段でネット販売するいわゆる転売です。

今では珍しい事ではありませんが、当時はヤフオクも楽天もない時代でして、インターネットで物を売買するという感覚すら一般的でない時代でした。そんな時代にインターネットを使って儲けるという、根っからのビジネスマインドを持っている方なんでございます。

社会人になってからは本格的に数々のビジネスを展開するのですが、人がやらないような実験を何度も繰り返しています。

しかし、実験こそ財産という信念の元、失敗を恐れずにチャレンジし続け、ついにはミリオネアになります。

そんな光本さんが書かれた本書のビジネスに対する考え方を身に付けておけば、多少の失敗なんかでくじけたりくよくよすることなんてなくなります。

というか、失敗を失敗と思わない、
「ビジネスは実験から始まるんだ、失敗上等」
そんな決して折れることのない鋼鉄マインドを手にすることができます。

逆に、本書に書かれている実験思考を知らないと、日々降りかかる失敗の数々に心が折れ、もうビジネスなんてヤダ、俺には向いていないんだ、そんな風に仕事が辛いものになってしまうことでしょう。

私のブログを見てくれている方々に、そんな辛い思いをさせるわけにはいきません。今回の解説を読み終わった後にはビジネスにトライすることが面白く思え、
「試したいけど怖くて試せなかったことをやってみよう、所詮実験だもの。」
そんな風に前向きにチャレンジしまくれるマインドに生まれ変わる、そこを着地点として解説して参ります。

ではいきましょう。

目次

ビジネスは失敗から始まる

では本編に入りますが、その前にめちゃくちゃ大事な前提部分についてお話しさせてください。

まず前提としてなんですが、ビジネスに失敗は付きものです。成功した人は大した失敗もせず、センスとか頭の良さだけで簡単に成功したように見えてしまいますが、その裏には数々の、時には想像を超えるほどの大金が溶けてなくなる失敗を重ねてきているものです。

その失敗の中から成功の種を見つけ、それを育てることで大成功と大金をつかみ取ります。まずここを押えといてください。

巷に売られているビジネス書を読むとか、起業セミナーに参加するとか、それ自体が悪いわけじゃないんですけど、知識さえ付ければなんか成功しちゃうんじゃないか、そんな気分になればOK、ということではないんです。

つまりですね、ビジネスに成功するかしないかというのは、失敗を重ねてきたかどうか、そしてその失敗を活かすか殺すかの違いなんです。

分かりやすく言えば、失敗を失敗で終わらせてしまう人は、気力もお金も失ったままのしんどい状況になります。フリーランスや個人事業主にとってみれば、自営業の終了を意味することになります。

一方で、失敗にぶち当たってもそれを糧にするマインドと方法を知っている人は、逆に失敗をモチベーションや成長に活かします。

じゃあそのマインドとやらを教えてくれよ、となると思いますので、次から今回のサビである実験思考、

  1. 失敗ではなく実験ととらえる
  2. 実験結果を財産に変換する

の2ステップについて解説させて頂きます。

失敗ではなく実験ととらえる

f:id:freetame:20210712191714p:plain

まずファーストステップ”失敗ではなく実験ととらえる”についてです。

新しいサービスや商品をリリースする時、うまくいくことを願っていてもあっさりと裏切られてしまうという経験、お持ちじゃないでしょうか?

よし、これならイケる!と思ってリリースしても、鳴かず飛ばずということはよくあります。

逆に、サービスや商品は売れるけど、実際やってみると利益にならないとか、赤字垂れ流しなんてこともあります。

著者の光本さんはCASH.jpをリリースしたとき、このサービスがうまくいくかどうかなんて分かりませんでしたが、売りたい商品の写真を送るだけですぐに現金が手に入るということで、あっという間にSNSで広まり大人気になりました。

でも、人気になったのはいいんですが、みんなが写真を送りまくった末に、たった24時間で3.6億円もの現金が吐き出されたというんです。

商品が送られてくるより先に現金を振り込むので一時的に現金が外に出ていくわけですし、現金だけ受け取っ手肝心の商品を発送しない、なんていう詐欺行為が横行することも考えられます。

さすがに光本さんも怖くなってサービスを一時停止したようなんですが、翌日、発送された商品が大量に届いたというんです。

中には、お金だけ受け取って商品を発送しなかった人もわずかながらいたようなんですが、ほとんどの人がしっかり商品を発送してくれたそうです。

私からすれば詐欺行為が横行してもおかしくないサービスは怖いし、リリースしたとしても3.6億円もの現金をばら撒くなんて無理です。

しかし、光本さんは違います。うまくいくかどうかもひっくるめて、このビジネスが成り立つかどうかの実験なんだと。

つまり、

  • 3.6億円ばら撒いてみた
  • ほとんどの人が商品を送ってくれた

→人間の本性は基本的に善であるとする「性善説」に基づいたビジネスは成り立つ!

という実験結果を得たわけです。これは実際にやった人でないと得られない事実ですよね。

CASH.jpは結果的にうまくいきましたが、逆にもし失敗したとしても、”性善説”に基づいたビジネスは成りたたないんだ、という実験結果を得たということになります。

私の場合ですが、その昔、売れると分かっているけれど、とてつもなく競争が激しいとされるサプリメント販売の分野に飛び込んだことがあります。そのとき投じた費用が100万円でした。

たった100万円では太刀打ちできない市場だったので完敗したわけですが笑 その後、100万円あれば欲しいもの買えたとか、沖縄旅行に行って水着の女性眺めながら青い海を満喫できたとか、やたらと落ち込みました。

しかし、本書を読んで救われました。そうか、これも実験だったんだと。とてつもなく競争が激しい分野に個人が参入すると、戦慄の結果が待っているんだと 笑

もし、私同様に失敗で落ち込んでいる方がおられましたら、自分は実験をしただけなんだ、そう思ってみてはいかがでしょうか。というか、そう思いましょう。

ビジネスは実験から始まる、この実験思考さえあれば打ちひしがれまくった心の傷も癒えて、なんとなくでも再起する気持ちが湧き出してくるのではないでしょうか。

実験結果を財産に変換する

続いて2つ目、実験結果を財産に変えるというステップです。

実験をすることで得ることができた貴重な経験とデータですが、これをドラキュラのごとく眠らせておいてはいけません。その結果を分析して次に活かす財産に変える必要があります。

光本さんはCASH.jpをリリースする前に、STORES.jpという誰でも簡単に開設できる決済サービス付きのネットショップを提供しておりました。

ただ、通常の決済サービスというのは月末締めの翌月末支払い、つまりネットショップの運営者は売上金を手にするまで1か月かかります。

しかし、すぐにお金が欲しい人もいるんじゃないか?ということで手数料は高めだけど、翌日に売り上げが振り込まれるスピードキャッシュを用意してみました。

すると、このスピードキャッシュを使う方が意外と多く、「少額でもいいからすぐにお金が欲しい」という需要が裏付けられたのです。

今すぐにお金が欲しいという需要に気付き、そこから生み出されたサービスがこれまで紹介してきたCASH.jpにつながるのですが、結局のところSTORES.jpで行ったスピードキャッシュの実験があったからこそなのです。

繰り返しにもなりますが、たった1日で3.6億円をばら撒いて人を信じる性善説のビジネスが成立することが分かったCASH.jpもそうなのですが、実験とその結果を財産として活用する、その大切さみたいなのが伝わってきますよね。

かの有名な、発明の神様であるエジソンも言っておりました。

「失敗は積極的にしていきたい。なぜなら、それは成功と同じくらい貴重だからだ。失敗がなければ、何が最適なのかわからないだろう。」

電球を発明するために失敗に失敗を重ね、気の遠くなるような実験を繰り返してきた、そして見事に完成させたことは有名な話です。

実験をしていかにそれを活かすか、これが大事なんだと。エジソンが言うんですから間違いありません。

f:id:freetame:20210808113651p:plain

フリタメ的学び

今回は光本勇介さんの著書「実験思考 世の中、すべては実験」について解説させて頂きました。失敗を実験ととらえ、その結果を財産として次に活かす、そんなお話をさせて頂きました。

ただですね、
実験思考の大切さは分かった。でも、なにをどう始めたらいいのか分からねーよ。
という方もいらっしゃると思います。

そこで、フリタメが本書を読んで気付いた事に、おこがましくも自身の経験をプラスし、成功するビジネスターゲットみたいなものをお伝えしてみたいと思います。

本書にはCASH.jp以外の事業例として、
「金はない、だけど海外旅行に行きたい!」
という、ジャイアン級のわがままも叶えてしまう、後払いシステムの旅行サービスTRAVEL Nowも紹介されております。

他にも手掛けた数々のビジネスが書かれておりますが、詳細はamazonで本をポチって頂くとして、CASH.jpと共通して言えることは今すぐ客に対して作ったサービスであるということです。

  • CASH.jpで言えば、今すぐ現金が欲しい
  • TRAVEL Nowで言えば、今すぐ海外旅行をしたい

という需要ですね。

これは極端な例ですが、

  • 砂漠のど真ん中でのどが渇いて死にそうだ、という方に1リットルの水を1万円で差し出したら・・・売れます。
  • トイレに行きたくて我慢の限界!という方にトイレの使用料を2万円要求しても・・・払ってもらえます。

ちょっと不謹慎に聞こえるかもしれませんが、今すぐ何かが必要という方は、そのサービスが多少高くても利用します。というか利用せざるを得ません。

水を買った人、トイレを利用した人、どちらも困っている所に救いの手が差し伸べられる。つまり、需要と供給が満たされているので、誰も損していないということになるんです。

むしろ、今すぐ必要としていた人は料金が高かったとしてもそれを提供してくれた人に感謝します。

こんな感じでですね、我々がビジネスをするうえで著者のように”今頭ぐ客”はどこにいるのか?まずここを探すことが成功のコツなんじゃないかと思うんです。

身近な具体事例を挙げるとしたら、そうですね、

  • いつか転職したいなー という人ではなく、「人間関係でメンタルヤバい、早く転職しなきゃ」
  • いつかダイエットしたいなー という人ではなく、「来週SNSで知り合った人と会うことに。1週間以内に痩せなきゃ!」

という、急を要する人です。

f:id:freetame:20210712192333p:plain

更に言うと、今すぐ客がどこにいるかという本当に貴重な情報はおそらく巷には出ておらず、ごく一部の人だけが知っているということもありますし、数々の実験を繰り返す中で得られる誰も知らないデータだったりするんかもしれません。

すでに表に出ている情報にはあまり価値が無くて、誰かが歩いたその上を歩いたとしても、所詮二番煎じ三番煎じで終わります。

そうじゃなくて、先行者利益みたいなのを得るとしても、やはり一番最初に踏み込む必要があります。

そのためには、よほどの人脈を持つか、誰も知らない実験結果が必要になってくるのです。

そして、最も重要であり忘れてはいけないのが、自分の利益を求めるのではなく、

  • 困っている人に何ができるのか
  • 何を提供すれば喜んでもらえるのか

といった、あくまでも人のためになるサービスや商品であるということです。

例えば先ほどの例でいくと、

転職を急いでいる人にホワイト企業とまではいかなくても、希望に近い企業を紹介したら喜ばれますよね。

1週間以内にダイエットしたい人に、必ず結果にコミットしてくれるパーソナルトレーニングを紹介してあげたら感謝されますよね。

そういった欲求を満たしてあげる代わりに、報酬という見返りを頂く。欲求の度合い、緊急度が高ければ高いほど人は多くの対価を支払ってくれる。こうした思考が先ず第一だということです。

ここをパスして、自分のため、利益第一主義に走ると、トラブルが発生したり最悪の場合はお金だけ頂いて大したサービスは提供しないみたいな詐欺行為になっちゃうわけです。

つまりビジネスは損得ではなく善悪だということです。

それとですね、本書ではあまり失敗談みたいなのが語られていないんですけども、書かれている事例は、商品を受け取るより先に現金を渡しちゃうとか、料金は後払いでいいとか、運営者側にとってみたらちょとリスキーなビジネスモデルでもあります。

ですので、お金が回収できないとかそういったトラブルの可能性を考えると今すぐ客とはいえ、フリーランスの個人レベルが始めるにはちょっと厳しいかなーという印象です。ですので、あくまでも参考としてとらえて頂ければと思います。

ということで、実験思考を持ってその結果を財産にましょう、というお話をさせて頂きました。

まとめますと、

  1. 今すぐ客を探す
  2. 実験データを取り、それを財産に変える
  3. 人のためになるサービスや商品を提供する

この3つにギュギュっと凝縮されるのではないかと。

ぜひ参考にしてみて下さい。
今回は以上でございます!